看板 Japan_Travel
標題
[資訊] 鐵道運行情報
作者 porfavor
時間 2022/12/29 04:52:15
人氣 推:2 噓:0 留言:4
熱門文章不漏接,馬上點此訂閱每日熱門文章通知
訂閱Line日報 熱門文章不漏接,馬上點此訂閱
關於鐵路運行情報,可運用下列兩連結查詢,情報有可能受某些狀況影響像是地震... 查詢連結1: https://www3.nhk.or.jp/news/traffic/ 鉄道運行情報について 株式会社レスキューナウからの提供情報です。全国の路線で、事故・運転見合わせ・遅 延などが確認された場合にその情報を表示します。現況と一致しない場合もあります。 地震発生時など広範囲に影響が及ぶと推定されるときは、地域全体を1つの単位として 情報を表示することがあります。路線名、地域の表記・区分はレスキューナウ社の基準 です。 対象時間 始発~終電(おおむね、午前5時~翌日午前2時) 遅延 首都圏のJR(関東・山梨県の一部・静岡県の一部)は15分以上、それ以外の路線は 30分以上の場合を表示 表示対象外 影響が当該列車1本のみ・最終列車・情報が確認できなかった場合 查詢連結2: https://reurl.cc/YdbyrX 使用方式:使用查詢連結1或2查詢鐵道公司營運狀況。如果是適使用連結2中的JRサイバ ーステーション(JR各社の新幹線運転状況)https://reurl.cc/pZ2Okb。,必須在6點到 23時50分查詢。 其他參考來源(我找不到更新的了) 原始新聞標題:年末年始 新幹線や国内の空の便 混雑予想は 2022年12月21日 17時57分 原始連結: https://reurl.cc/ROgxNe 來源:NHK 原文: 年末年始の新幹線や国内の空の便の予約は、感染拡大前の水準の7割余りから8割まで回 復していて、ふるさとや行楽地で過ごす人で混雑が予想されています。 ▼帰省ラッシュのピークは ▽新幹線と高速道路は12月29日と30日 ▽空の便は12月29日 ▼Uターンラッシュのピークは ▽新幹線と空の便が1月3日 ▽高速道路が1月2日と3日と見込まれています。 新幹線 JR各社によりますと、年末年始の新幹線の予約率は37.9%で、前の年より予約が増え、 感染拡大前の水準の76%まで回復しています。 12月28日から1月5日までの年末年始の新幹線の予約状況を、JR各社が12月15日時点で発 表したところ、混雑のピークは、 ▽下りが12月29日と30日、 ▽上りが1月3日と見込んでいて、 すでに満席になっている列車もあるということです。 (注意這是12/21時的資料) 予約率は、 ▼東北新幹線が44.7%、 ▼上越新幹線が38.5%、 ▼東海道新幹線が36.5%、 ▼北陸新幹線が36.3%、 ▼九州新幹線が32.7%などで、 JRグループ全体では37.9%となっています。 予約席数はあわせて232万席と、前の年の年末年始と比べて15%増加し、感染拡大前の2 018年度の水準の76%まで回復しました。 JR各社は「新型コロナの影響は依然としてあるものの、徐々に回復傾向にはある。マス クなど感染対策には引き続き注意していただきながら、ふるさとへの帰省などに鉄道を 利用していただきたい」としています。 空の便 年末年始の空の便の予約は、国内線が感染拡大前の水準の8割余りまで回復したほか、 国際線も新型コロナの水際対策の緩和が進んだことに伴い、前の年の5倍に増えていま す。 国内の主な航空会社によりますと、12月28日から1月5日までの年末年始の9日間に国内 の空の便を予約した人はおよそ270万6000人で、前の年と比べ1割増えています。 このうち、全日空と日本航空の2社をあわせた予約数は、感染拡大前の水準の83%まで 回復しています。 混雑のピークは、 ▽下りが12月29日、 ▽上りが1月3日となる見通しです。 一方、国際線を予約した人はおよそ32万1000人と、新型コロナの水際対策の緩和が進ん だことに伴って、前の年の5倍に増えています。 ただ、全日空と日本航空の2社をあわせた予約数を感染拡大前と比べると半分程度で、 厳しい水際対策が続く中国と結ぶ便の予約が5%から7%程度にとどまっていることなど が影響しているとしています。 高速道路 高速道路各社によりますと、12月28日から1月4日までの年末年始の8日間のうち、高速 道路の混雑は、 ▽年末は下り線で12月29日と30日に、 ▽年始は上り線で1月2日と3日、下り線でも1月2日がピークとなる見通しです。 帰省ラッシュとなる年末の下り線で特に長い渋滞は、 ▽東名高速道路の下り線で、神奈川県の秦野中井インターチェンジ付近を先頭に、12月 29日午前10時ごろ最大で45キロ、12月30日も午前10時ごろ最大で35キロ、 ▽東名阪自動車道の下り線で、12月29日と30日の午前8時ごろ、三重県の亀山スマート インターチェンジ付近を先頭に20キロなどと予想されています。 一方、年明けのUターンラッシュなどによる特に長い渋滞は、 1月2日は上り線で、 ▽東北自動車道で午後5時ごろ、埼玉県の加須インターチェンジ付近を先頭に最大で35 キロ、 ▽名神高速道路で正午ごろ、大津インターチェンジ付近を先頭に25キロ、 また下り線でも、 ▽名神高速道路で午後4時ごろ、京都市の旧山科バスストップ付近を先頭に20キロなど と予想されています。 1月3日は上り線で、 ▽東名高速道路で午後4時ごろ、神奈川県の綾瀬スマートインターチェンジ付近を先頭 に55キロなどと予想されています。 高速道路各社は、混雑が予想される日にちや時間の利用を変更するなどして渋滞を避け てほしいと呼びかけています。 年末年始 どう過ごす? 今回の年末年始をどのように過ごすのか、東京 新宿駅前で聞きました。 20代の男性は「制限が緩和されたので、年末に友達と大阪に旅行に行こうと考えていま す。事前に検査を行うなど感染対策をとったうえで行きたいと思っています」と話して いました。 孫が生まれたという50代の女性は「正月は息子夫婦とともに神奈川県にある私の実家で 過ごしたいと思っています。私の両親は高齢で、孫の顔を見る機会もないので、『今の うち』と思って決めました」と話していました。 山形県出身の20代の女性は「周りの目を気にせずに帰省できるようになってきたので、 今回は帰省します。混雑する飲食店では気を付けるなど、感染対策を徹底したい」と話 していました。 一方で、年末年始は自宅で過ごすという声も聞かれ、このうち30代の男性は「新型コロ ナで家で過ごすことに慣れてしまったので、あまり外に出たくないです。親は韓国にい て、周りの目も気になるので、帰省は控えようと思います」と話していました。 年末年始を前に海外に出発する人たちは 年末年始を前に、羽田空港から海外に出発する人たちからは、久しぶりの海外を心待ち にしていたという声が聞かれました。 友人とオーストラリアに観光に行くという大学4年生は、「制限が緩和され、出国・入 国がしやすくなった印象があります。学生のうちに海外を経験したかったので、とても うれしいです」と話していました。 アルゼンチンに登山に行くという40代の男性は「海外に行くのは3年ぶりです。南米は 今、登山のシーズンで、新型コロナも落ち着いてきているので、このタイミングで行く ことにしました」と話していました。 ロンドンに2週間ホームステイに行くという17歳の高校生は「海外に行くのが初めてな ので、ドキドキしています。クリスマスシーズンのロンドンで過ごせるのは魅力的だと 思い、この時期に決めました」と笑顔を見せていました。 一方、海外に住む家族との再会を心待ちにしていた人の姿も見られ、アメリカのアトラ ンタに娘に会いに行くという80代の女性は「コロナが落ち着いたのでようやく行けます 。家族と3年ぶりに会うことができます」とうれしそうに話していました。 旅行会社に予約や問い合わせ増える一方 旅行控える動きも 新型コロナをめぐる水際対策が大幅に緩和されてから初めての年末年始を迎える中、都 内の旅行会社では、年末年始などの休みに合わせて海外へ出発するツアーの予約や問い 合わせが増えているということです。 東京 有楽町にある大手旅行会社の店舗によりますと、旅行先としてはハワイやグアム といった定番のリゾート地のほか、短い日数で行ける韓国など近場の観光地が人気だと いうことです。 この大手旅行会社では、年末年始に海外旅行をする人はおよそ15万人と、前の年の7.5 倍に増えると見込んでいます。 一方で、円安や物価高、それに航空運賃の値上がりで旅行を控える動きもあり、この会 社の見通しでは、海外旅行をする人は3年前に比べて18.1%にとどまるなど、コロナ前 の水準には回復していないということです。 先月、1300人余りを対象に行ったアンケート調査で、近い時期に海外旅行に行くか尋ね たところ、 ▼「国際情勢や感染症が不安なので今年度はしない」が22.3%、 ▼「円安や物価が上がっているので今年度はしない」が21.8%に上りました。 この会社では、予約したツアーに出発する前に新型コロナに感染した場合、1人最大10 万円まで取消料を補償するサービスや、ツアー中に感染した場合に、現地の病院などを 紹介する緊急の電話サービスなどを用意しているということです。 JTBの田邉彩乃さんは「旅行代金の高騰に加え、現地での滞在費について心配している 方もいるので、安心して旅行できるよう取り組んでいきたい」と話していました。 専門家“来年は環境整い 旅行客緩やかに増えるのでは” 観光などの分野に詳しい日本総合研究所の高坂晶子主任研究員は、海外旅行の需要がコ ロナ前の水準まで戻っていないことについて、「燃料価格の高騰や、物価高による将来 への不安感、円安などのマイナス要因が重なって、かなりの逆風になっている。こうし た現状を考えれば、海外旅行の需要の伸びが抑えられているのはやむをえないと思う」 と話しました。 一方で、海外旅行に行きたいという消費者の意欲はあまり下がっていないとみていて、 新型コロナの影響で運航便を大きく減らした国際線に再開の動きがあることなどから、 来年は海外旅行に行きやすい環境が少しずつ整い、旅行客も緩やかに増えていくのでは ないかと分析しています。 そのうえで「海外旅行の愛好家とも言える高齢者が、感染への不安から消極的になって いるという側面もある。例えば、現地でも日本語で医療を受けられる体制を整えるなど 、旅行会社などのサポートで、安心して旅行を楽しめる環境をつくることが重要だと思 う」と話していました。 祝大家新年快樂 -- ※ 發信站: 批踢踢實業坊(ptt.cc), 來自: 153.231.5.137 (日本) ※ 文章網址: https://www.ptt.cc/bbs/Japan_Travel/M.1672260737.A.F12.html ※ 編輯: porfavor (153.231.5.137 日本), 12/29/2022 04:58:38
ppliama: 感謝分享 12/29 06:32
KFVC: 感謝 (但484簡單整理個中文摘要比較好? 12/29 06:45
IUOIUOIUO: 所以發生甚麼事 看起來很可怕 12/29 06:48
KFVC: nhk長假前的例行回顧與預測而已 別擔心 12/29 07:03
php4 : JR特急會不會恢復自由座 12/29 08:2 8 ※ 編輯: porfavor (153.231.5.137 日本), 12/29/2022 22:13:46
近期熱門文章
Japan_Travel 看板熱門文章